<<広報ブログBackNumber16                   BackNumber一覧           広報ブログBackNumber14>>

2018年7月21

 

『U-15リーグ

7月21日(土)、U-15Aは池子の森公園GにてU-15リーグを戦いました。

 

70分を通してのゲームプランと狙いを確認しゲームに入りました。

前半、なかなかボールが落ち着かない展開が続き、どこを狙っていくかという意図がなかなか合わないプレーが多くなってしまいました。時間が経つにつれて少しずつ合う場面が多くなってきた20分、自分達の不用意なミスから失点を許してしまいます。1点ビハインドで迎えた後半は、ひとつギアを上げてパワーを掛けていこうと話してゲームに入りました。常に押し込んだゲームになりゴールに近づくシーンが多くなり、15分には陽人のゴールで同点に追いつきます!その後も得点の勢いそのままに攻め立てました。後半アディショナルタイムには相手CKキックからまさにベルギーの様なカウンターを発動しましたが、最後のシュートはゴールの左へと外れ、試合終了の笛。第2節は惜しくも引き分けとなりました。

 

3年生はお盆休みに入ります。心も身体もリフレッシュして、高円宮杯・リーグ戦のシーズンを迎えましょう!

応援に駆けつけて頂きました保護者の皆様、ありがとうございました!

 

<試合結果>

JFA U-15リーグGroupD第2節

vs 横浜FCJY戸塚B 1-1

【得点者】大木 陽人

 

2018年7月14

 

『U-15リーグ

7月15日(日)、U-15Bは横須賀市立岩戸中学校にてU-15リーグ初戦を戦いました。

 

ピッチコンディションを確認し、1対1や競り合いなどの対人の部分で負けないようにと話し試合に入りました。

前半開始早々、相手ゴール前で渚がバックパスを奪いそのままゴールを決めて先制します。その後も相手があまりボールにプレッシャーをかけてこなかった為、落ち着いて主導権を握ることができました。守備ではフィジカルで上回る相手にディフェンスラインの背後を取られ、何度か危ない場面を作られましたが無失点で折り返すことができました。

ハーフタイムにはサイドの選手のポジショニングと狙いを確認し後半に入りました。主導権を握りながらゲームを進め、後半も中盤に差し掛かると心がサイドをドリブルで抜け出し、折り返したボールがそのままゴールへと吸い込まれリードを2点に広げます。しかし相手のサイドから高さを生かした攻撃でゴールを許してしまい1点差につめられてしまいました。その後も激しい攻防が続く中、中盤でボールを奪い少し離れた位置から渚がミドルシュートを突き刺し試合を決定づける3点目を奪いそのまま勝利で終わる事が出来ました。

ピッチや天候など様々な面で難しい試合となりましたが勝利という結果で次に繋げる事が出来ました。

 

遠方まで応援に駆け付けて頂いた保護者の皆様、応援ありがとうございました!

猛暑となっておりますので、応援時の体調にはお気をつけ下さい。

 

<試合結果>

JFA U-15リーグGroupK第2節

vs LLEVA若葉台 3-1

【得点者】三好 渚×2、貝原 心

2018年7月14

 

『U-15リーグ

7月14日(土)、U-15Aは逗子池子の森公園GでU-15リーグ2ndステージの初戦を戦いました。

 

猛暑の中のゲームとなりました。サッカーは対戦相手と得点数を競うスポーツですが、今日はもう一つの相手との戦いも熾烈なものとなりました。

 

前半、守備の部分での共有が出来ず優位にゲームを進める事が出来ない展開が続きました。そのチグハグな対応から与えたFKを直接決められ失点。0対1でハーフタイムを迎えます。

攻守にわたりもう一度意図を共有し臨んだ後半、6分相手GKが弾いたボールを漱佑がインサイドで落ち着いてゴールに沈め同点。(祝!!初ゴール!)その後も足の止まり始めた相手に対して攻め立て20分には茉那斗の突破から最後は聡太がゴール隅に流し込み逆転!最後の力を振り絞った相手のベルギーの様なカウンターにゴールを脅かされる場面もありましたが、W杯の経験を生かして守り切る事に成功。2ndステージ初戦を勝利する事が出来ました!

ゲームに出た選手、出れなかった選手。出た時間が長い選手、短い選手。それぞれ様々な状況にいると思います。蝉の鳴き声も日に日に大きくなり本格的な夏を迎えています。これからのゲームはいつも以上に総力戦になることは間違いありません。コンディションを落とさない様に注意しながら、トレーニングからまたお互いを高め合っていきましょう!

 

暑い中会場に駆けつけて頂いた保護者の皆様、応援ありがとうございました。今後ともよろしくお願い致します!

 

<試合結果>

JFA U-15リーグGroupD第1節

vs TOKYU S Reyes 2nd 2-1

【得点者】中島 漱佑、福家 聡太

2018年7月8

 

『U-13リーグ

7月8日(日)開成水辺公園にて県U-13リーグGroupC第3節が行われました。

 

前半立ち上がりからプラン通りにゲームを進める事が出来ました。12分には倖暉のドリブル突破からのクロスボールに魁一が合わせ先制!安定した守備でピンチらしいピンチは作らせず1点リードで前半終了。ハーフタイムでは相手の狙いを確認し、攻守においてイメージの共有をはかり後半に臨みました。

後半立ち上がり、ギアをあげてきた相手に対して対応が遅れ失点を許します。しかしその5分後、中盤で真夏斗が得たFKから最後は泰樹が押し込み勝ち越しに成功!1点リードの状況が続いた中、ゲームも終盤に近づくと奪ったボールを失う場面が多く、なかなかボールを前進させる事が出来なくなり苦しい時間が続きました。23分、FKからこぼれ球をミドルシュートで打ち込まれ失点。要所となる部分を抑えきれず、2対2の引き分けとなりました。

リーグ戦を戦っていく上では様々なゲームの展開があります。現在開催中のW杯でも様々なゲームが繰り広げられています。しかしどんなゲーム展開でも常に重要となる部分があります。ヘディングでしっかり跳ね返す・こぼれたボールに対して寄せるなど…今日の最後の失点シーンはそうした部分の甘さが出たシーンでありました。またそれは前節に出た課題でもあります。要所となる部分がまだ当たり前になっていないのだとしたら、トレーニングを重ねて当たり前にしていく事が必要です。挨拶をする事・返事をする事・周囲に配慮した言動を取る事など、日常生活から"当たり前"を落とさない様にして欲しいと思います。

 

保護者の皆様、炎天下の中応援ありがとうございました!会場にお越しの際は熱中症などにお気を付けください!今後とも宜しくお願い致します。

 

<試合結果>

県U-13リーグGroupC第3節

vs Y.S.C.C. BLUE 2-2

【得点者】高坂 魁一、河原 泰樹

応援ありがとうございました!
応援ありがとうございました!

2018年7月1

 

『U-13リーグ

7月に入り今年も折り返し地点。梅雨も明け、強い日差しと高い気温という厳しい環境の中でU-13はリーグ戦第2節を戦いました。

 

前半から相手にボールを握られる時間が続きましたが、序盤は集中した守備で失点を許しませんでした。時間が経つにつれ、試合前のミーティングで意図を確認していた前線からの守備がハマり始め、何度かボールを奪いチャンスを作ることができました。しかし、その前からの守備を上手く外されてしまいズレが生じ、出来たスペースを相手に突かれ先制点を許してしまいます。

後半も相手にボールを保持される展開が続きました。前半同様前線からプレッシャーをかけボールを奪取し、その流れからシュートまではいくことが出来ていましたが、得点を挙げることは出来ません。後半も中盤に差し掛かると気温のせいか疲れも見えてきて少しづつ守備が緩み追加点を奪われてしまいます。その後もゴールを奪う事は出来ず、第2節は0対2で敗戦となりました。

 

今日のゲームは、負けはしたもののトレーニングで取り組みをして来た事が随所に出ており、次につながるゲームとなりました!これを活かし、次節は結果も掴みにいきたいと思います。

 

<試合結果>

県U-13リーグGroupC第2節

vs バディーJY 0−2

2018年6月17

 

『U-13リーグ

U-13リーグ開幕戦。入団して初の公式戦。

 

リーグ戦を戦っていく上で。

 

1人でも違う方向を向いてしまうとそれが伝染しチームがネガティブなサイクルに陥ってしまう。全員が同じ方向を向いて戦えればポジティブにゲームに臨む事ができるから、全員で戦おうと話して試合に入りました。

 

試合は前半からボールの奪い合いとなりました。そんな展開の中、中央からのスルーパスに抜け出した魁一が個人技での突破から先制!その良い流れのまま左サイドを崩しすぐさま真夏斗が追加点を奪います!守備では目立ったピンチを作られる事もなく安定感のある守備を見せてくれました。終盤には真夏斗のFKに魁一が合わせ3点目。3対0で折り返しを迎えます。

後半も攻撃の手を緩める事なく攻め立て、中央でのコンビネーションから最後は倖暉が冷静にゴールへ沈め4点目。その直後には彪臥のスルーパスに抜け出した真夏斗がダメ押しの5点目!試合終盤は相手のフォワードにボールを収めさせてしまう等、細かい所をつめきれませんでしたが失点する事なくゲームを締めました。

途中から出場した選手たちもとてもいい活躍を見せてくれ、チーム全員で勝利という結果を掴む事ができました!今節ような戦い方を1stステージを通して続けられる様にしていきます!

 

応援に駆けつけて頂いた保護者の皆様、ありがとうございました!

 

<試合結果>

県U-13リーグGroupC第1節

vs SFAT ISEHARA 5−0

【得点者】高坂 魁一×2、椎野 真夏斗×2、 櫻井 倖暉

硬い表情、収まりのない手、猫背の人、傾いている人… 写り方はこれからの課題です。笑
硬い表情、収まりのない手、猫背の人、傾いている人… 写り方はこれからの課題です。笑

2018年6月9

 

『U-15リーグ

U-15リーグ最終戦。前節TOKYU S Reyes戦と同じ様なゲームになりました。

意図した形からの攻撃、ボールロストからの素早い回収など狙い通りのサッカーを展開。しかし幾度となく作ったチャンスをモノに出来ず、カウンター1発で失点。最終戦を勝利で飾ることは出来ませんでした。

 

最終結果は6勝3敗2位でフィニッシュ。トレーニングで積み上げをしている事はゲームで表現出来る事が明らかになった反面、トレーニングで出来ていない事はゲームでも表現出来ない事が明らかになりました。当たり前のことですが、忘れてしまいがちな事でもあります。

 

例えば、GKのスターセーブ(手足を大きく広げゴールに壁を作りシュートをブロックする技術)。普段は大きく足を広げる事が出来ないけど、試合になったら広がります!なんて人はいません。シュートもヘディングもボールをキープする事も相手の変化を見逃さない事もそれと一緒です。つまりは日々の小さな努力の積み重ね。またその努力は正しい努力かどうかを見極める必要もあります。

リーグ戦を通して出た課題も日々のトレーニングやコソ練で改善していく他ありません。7月から始まる2ndステージに向けて、トレーニングから選手たちの気概溢れる姿に期待します。

 

1stステージを通して県内各会場に応援に駆けつけて頂きました皆様、ありがとうござました!

<試合結果>

JFA U-15リーグGroupG最終節

vs ヴィクトワールS.C 0−1

2018年6月2

 

『U-15リーグ

6月2日(土)、東扇島東公園にてJFA U-15リーグGroupG第8節が行われました。

 

前半立ち上がりから、主導権を握りいくつか決定機も作ることが出来ましたが、決め切る事が出来ませんでした。相手のシステム変更に対して対応に若干の迷いが生じ、30分にその隙を突かれ先制を許します。

相手の戦い方に対して攻守ともに確認をして臨んだ後半、自分たちのゲームを35分間維持し、幾度となくゴールに迫りました。しかしフィニッシュでのパワーや予測・嗅覚の部分で相手を越えることが出来なかったように思います。内容としては日々のトレーニングの成果を発揮する事が出来ましたが、満足の出来る結果は得られませんでした。この悔しいを気持ちを糧に、また1つずつトレーニングから積み上げをしていきたいと思います!

 

保護者の皆様、遠方まで応援に駆けつけて頂きありがとうございました!次節でリーグ戦1stステージは最終戦を迎えます。最終戦を勝利で締めくくりたいと思いますので、応援の程よろしくお願い致します!

<試合結果>

JFA U-15リーグGroupG第8節

vs TOKYU S Reyes FC 2nd 0−1

2018年5月19

 

『U-15リーグ

5月19日(土)柳島スポーツ公園にてJFA U-15リーグGroupG第7節が行われました。

 

体育祭の選手が多数いた中でのナイトゲームとなりました。前半、向かい風の中での戦いということもありなかなかゲームの主導権を握り切る事が出来ませんでした。しかしその中でも7分に茉那斗、18分に陽人のゴールで2点を奪い優位にゲームを進める事が出来ました。2対0で折り返した後半は追い風にも助けられ相手陣内に押し込み優位にゲームを進める事が出来ましたが、フィニッシュの部分で精度・パワーを欠きゴールを奪うことは出来ませんでした。手放しに喜べる様な内容ではありませんでしたが、トレーニングで積み上げてきた事を発揮できている場面も多く、疲労のある中でも要所を抑え勝ち切る事が出来ました!

 

保護者の皆様、今節もたくさんの応援ありがとうございました!これからもよろしくお願い致します!

 

<試合結果>

JFA U-15リーグ第7節

vs 横浜FC鶴見JYB 2−0

【得点者】小島 茉那斗、大木 陽人

2018年5月13

 

『U-15リーグ

5月13日(日)、U-15Bは鵜野森中学校にてJFAU-15リーグGroupM最終節を戦いました。

 

相手の人数をかけた激しいプレスを回避できず前半からなかなか落ち着かない展開が続きボールの奪い合いとなりました。そんな中相手の高いラインの裏をつく攻撃を仕掛け何度かチャンスを作ることができました。そしてコーナーキックから先制点を奪うことができました。

後半は、選手たちがしっかりと立ち位置をとり前半よりもボールを握ることができチャンスを多く作ることができました。そこから裏へ抜け出し、相手のミスを誘って追加点を奪い勝つことができました。しかし、チャンスの数が多かっただけに決めきることが出来なかったことは課題として残りました。

 

今節でリーグ戦が1区切りとなり、最終戦を結果として勝利で終える事ができた事はとても良かったと思います。全8節を戦う中で、後半のペースダウンやフィニッシュの部分での課題は次のステージへと持ち越しです。

チームとしてさらに成長していかなければ上のカテゴリーへは上がる事が出来ない事も再確認出来ました。また始まる後期のリーグ戦では1つでも多くの勝ち点を積み上げ、内容もついてくるようなゲームをしたいと思います。

 

保護者の皆様、リーグ期間中県内各地遠方まで応援ありがとうございました。7月から始まる2ndステージに向けて準備をしていきたいと思いますので、今後とも選手のサポート・応援のほどよろしくお願い致します。

 

<試合結果>

JFAU-15リーグGroupM最終節

vs 相模原市立鵜野森中学校 2−0

【得点者】三浦 陽太、加藤 拓海

2018年5月12

 

『U-15リーグ

5月12日(土)、U-15Aは上平間サッカー場にてJFAU-15リーグGroupMG第6節を戦いました。

オープンな展開の中、主導権を握るタイミングを伺いながらゲームを進めました。なかなか主導権を握る事が出来ませんでしたが、17分に陽人の得点で先制点を奪いゲームを優位に進める事が出来ました。しかしその後DFラインの一瞬の隙を突かれ同点に追いつかれハーフタイムを迎えます。

戦術的な確認とハードワークする事を再確認して望んだ後半、前線からのプレッシャーがはまり相手コートに押し込む時間帯を長くすることに成功。20分には途中から投入した怜が2試合連続となるミドルシュートを決め、勝ち越しする事が出来ました。試合終了間際には、前がかりになった相手の背後を茉那斗がつき、ダメ押しの3点目。3対1で勝利する事が出来ました。

 

今日の勝利もチーム全員で勝ち取ったものです。先週チームワークについて触れました。今週のトレーニングでの取り組みや雰囲気は先週のそれと違うものを感じました。しかしその中にも温度差があるように感じます。今日の試合でも激しくやった選手と普通にやった選手との温度差があったように思います。サッカーは1人でやる競技ではなくピッチに立つ11人とベンチを含めチーム全体で力を合わせていく競技です。来週のゲームに向けてまずはトレーニングから戦う準備をしていきたいと思います。

保護者の皆様、遠方まで応援ありがとうございました!今後ともご声援のほどよろしくお願い致します。

 

<試合結果>

JFA U-15リーグGroupG 第6節

vs 横浜GSFC 3−1

【得点者】大木 陽人、露木 怜、小島 茉那斗

 

 

応援ありがとうございました!
応援ありがとうございました!

2018年5月6

 

『U-15リーグ

5月6日(日)U-15Bはリーグ戦第7節を戦いました。

 

トレーニングで確認してきた守備の前からのプレスでボールを奪い攻撃につなげることを意識し試合に入りました。

前半は前から積極的にボールを奪いに行きましたがうまく取りきれない場面が多く、奪ってからのパスも繋げられずあまり多くのチャンスを作ることができませんでした。中盤での攻防が続き両チーム決定的なチャンスがないまま前半を折り返します。

後半は時間が経過するにつれ両チーム疲労が見えてきてゴール前のシーンが増えてきました。中盤から終盤にかけては決定的なチャンスを何本も作りましたが、ラストパスのミスやシュートを決めきれずスコアレスドローとなりました。

対戦相手は3年生が主体のチーム。相手はフィジカル・体力面で自分達よりも能力が高く厳しい戦いが続いています。しかしそんな中でも試合を重ねるうちに少しずつ闘えるようになってきていると思います。来週の最終節では1勝できるよう頑張りたいです。そしてこの厳しいリーグを戦う中で少しでもチームとして成長できればと思います。

 

保護者の皆様、本日も応援ありがとうございました。次節は最終節になります。今後とも選手のサポート・応援をよろしくお願い致します!

 

<試合結果>

JFA U-15リーグ第7節

vs 座間FC 0−0

 

『U-15リーグ

5月6日(日)、大磯運動公園にてU-15リーグGroupG第5節が行われました。

 

前半立ち上がりから主導権を握りゲームを進める事が出来ました。しかしあと1つゴールまで手が届きません。後半も主導権を握りながらゲームを進める事が出来ました。17分に怜が放ったバイタルエリアから鋭いミドルシュートで待望の先制点!その得点からゲームの流れを掴み試合終了直前にはPA内で仕掛けた海翔が倒されPKを獲得、自ら落ち着いてゴールに沈めリードを広げます。その後もGK悠翔を中心に無失点で試合終了を迎える事が出来ました。

 

チームとして戦うこととはどういう事か今週のトレーニングの中で選手たちに確認しました。ベンチ入りしたメンバーは自分が試合に出れないという悔しい気持ちはあるかもしれないが、試合になったらチームメイトの為にサポートをする・声をかける・出番が来た時の準備をする…そんなベンチの選手の想いを胸に代表の11人はピッチの上で戦う。例えばゴールを奪ったらそれはチーム全員の得点。その過程には皆でゴールまでボールを運び、ゴールを守り、その為に日々のトレーニングを共に過ごしてきた仲間がいる。だからこそ点を取った選手はベンチに駆けつけみんなで喜びを分かち合う。それがチームで戦うという事。

現柏レイソルの監督である下平さんがアカデミー監督時代こんな事をブログに書いていました。

 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

U-18監督の下平です。

 

U-18の3年生には2人の優秀なキーパーがいます。2人とも世代別日本代表に選ばれるレベルです。

常に2人はライバル関係で切磋琢磨し、お互いを成長させてきました。

ただ、当然ながらピッチに立てるのは1人だけ。どちらかが控えに回り悔しい思いをする。

第1戦目の0-1の敗戦は、キーパーへのバックパスが失点に繋がってしまったことから。

今まで何度となくバックパスを受け、捌き続けてきたそのキーパーにとっては信じられないようなミスでした。全国大会出場をかけたゲームでの大き過ぎるミス。ピッチ内で呆然とする選手達と固まるベンチ。私はすぐに切り替え、テクニカルエリアに出て指示を与えた...つもりでしたが
そのシーンのことを後でコーチに聞いた。一瞬静まるベンチの中で、誰よりも早く大きな声でベンチから鼓舞したのはもう1人のキーパーだったと。
そのキーパーのとった行動と2人の絆の深さに思わず胸が熱くなった。
それと同時になんだか救われた気持ちになった。
そして根拠もなく次の試合は絶対勝てる気がした。

 

サッカーが上手くなるには人間力を磨く。
人間力が上がればサッカーがもっと上手くなる。

(2015年7月柏レイソルアカデミースタッフブログより抜粋)

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

今日の勝利もピッチに立った何人かで勝ち取ったものではなく、チーム全員で勝ち取った勝利です。それは選手・スタッフのみならず、応援に駆けつけてくださった保護者の皆様のご声援の力があってのものです。ゲームに出た選手も出る事が叶わなかった選手も、今から出来ることは日々のトレーニングからチームメイトの事を気遣い・お互いに励まし合い切磋琢磨し互いに成長していく事です。それはピッチ外の部分でも。人間力を磨き、チーム力を高め、一丸となって次の目標に向けて邁進していきたいと思います。

 

保護者の皆様、今節も沢山の応援ありがとうございました!今後とも選手のサポート・応援をよろしくお願い致します。

 

<試合結果>
JFA U-15リーグGroupG第5節
vs フットワーククラブ 2−0
【得点者】露木 怜、荒井 海翔

沢山の応援ありがとうござました!
沢山の応援ありがとうござました!

2018年5月4

 

『OB情報!

川﨑貫太(8番,流経大柏高→駒澤大,4期生,大4)が関東大学リーグ前期第4節にスタメン出場!

東洋大に1対0で勝利に貢献しました!

駒澤大学は4節を終えた時点で3勝1敗で3位につけています!今後の活躍に期待です!

横田大樹(16番,流通経済大学付属柏高校,8期生,高3)がユース年代の最高峰である高円宮杯JFAU-18サッカープレミアリーグ第4節まで全試合スタメン出場!

第3節青森山田高校戦では、左足のクロスから先制点をアシスト!上記リンク(JFATV 4:35〜)にてハイライトが掲載されています!流通経済大学付属柏高校は現在4位につけています!青森山田高校には箱﨑拓(青森山田高校,9期生)が所属しています。試合後リーヴレ2ショットが送られてきました!

河野柊大(19番,厚木北高校,9期生,高2)が関東高校サッカー神奈川県予選にてベスト4に進出!湘南工科との準々決勝ではダメ押しとなる3点目を奪い勝利に貢献しました!柊大は高校2年生、今後のさらなる成長と活躍が楽しみです!

2018年4月28

 

『U-15リーグ

4月28日(土)U-15BはU-15リーグ第6節を戦いました。

 

前線からプレッシャーをかけ、ボールを奪って攻撃につなげようと話して試合に入りました。

前半は何度か前からのプレスでボールを奪い主導権を握ることができました。しかし、中央を固めた相手をなかなか崩すことができず得点を取ることができず0対0でハーフタイムを迎えます。

後半は、一度サイドにボールをつけ相手を広げてから中をつく事を意識しましたが、なかなかパスがつながらずチャンスを作ることができませんでした。中盤からは、前からのプレスを前半から続けていた影響か足が止まってしまい耐える時間帯が長くなりました。しかし耐えきれず、横からのボールをヘディングで合わされ先制を許しました。終盤にもコーナーキックから得点を許し敗戦となりました。

横からのボールで2失点となり、課題が見えたと思います。しかし日頃の積み重ねが見えた成果もあったので次節は結果に繋げたいと思います。

 

応援に駆けつけて頂いた保護者の皆様、応援ありがとうございました!今後とも宜しくお願い致します。

 

<試合結果>

JFA U-15リーグGroupM第6節

vs グラシア相模原S 0−2

2018年4月28

 

『クラブユース

4月28日(土)津久井又野公園にてクラブユース2回戦を戦いました。

 

前半、ヘディングや五分五分のボールの競り合いで優位に立つ事が出来ず、オープンな展開に持ち込まれてしまい、思う様なゲームをする事が出来ません。26分にはその球際の部分や準備でのミスが重なり失点を許します。後半もオープンな展開が続きなかなかチャンスが作れない中、セットプレーとミドルシュートから立て続けに2失点を許します。終盤はプレッシングがはまりチャンスを作る事も出来ましたが、得点には至らず。0対3で敗戦となりました。

 

ボールを握る事ができる時に握りきれなかった事・球際の部分で競り負けてしまった事・プレーの予測を含め良い準備が出来ず一歩出足が遅れてしまった事…そんなプレーの積み重ねが今回の結果に繋がりました。

 

反省すべき所は日々のトレーニング・生活です。1つ1つのトレーニングを大切に出来ていたか、ピッチ外の部分でもチームメイトや周囲の環境に配慮を持って行動していたか…試合までのプロセスをどう過ごしてきたかが大切です。クラブユースは終わりましたが、リーグ戦は続いていきます。次の試合までのプロセスを大切に、また積み上げをしていきたいと思います。

 

遠方まで応援にかけつけてくださった保護者の皆様、応援ありがとうございました。皆様のご声援に応える事は叶いませんでしたが、次の目標に向けてまた積み上げしていきたいと思います。今後とも選手のサポート・応援を宜しくお願い致します。

 

<試合結果>

クラブユース2回戦

vs FC厚木DREAMS 0−3

沢山の応援ありがとうございました!
沢山の応援ありがとうございました!

2018年4月14

 

『クラブユース

4月14日(土)潮風スポーツ公園にてクラブユース1回戦が行われました。

 

前半、立ち上がりから主導権を握りながらゲームを進める事ができました。途中信之輔がアクシデントでピッチを離れる時間帯がありましたが、無失点で抑え0対0で折り返します。攻守ともに確認をした後半、10分に相手がみせた一瞬の隙を突き茉那斗が待望の先制点を奪います!その直後颯人がCKから2点目を奪い試合を優位に進める事ができました。その後は、GK悠翔を中心に全員で守りきり、1回戦を勝利することが出来ました。

 

アウェイにも関わらず、1•2年生、保護者の皆様の応援のお陰でホームの様な雰囲気でゲームに臨む事ができました。沢山のご声援ありがとうございました!今後とも宜しくお願い致します。また保護者の方より写真を頂きました。いつもありがとうございます!

 

<試合結果>

クラブユース1回戦

vs ライオンズSC 2−0

【得点者】小島 茉那斗、山中 颯人

2018年4月7

 

『U-15リーグ


4月7日(土)JFA U-15リーグが行われました。

 

U-15Bは星槎湘南大磯グランドにてJFA U-15リーグGroupM第5節に臨みました。

攻守の良いサイクルが作れず、思うようなゲーム展開が出来ない状態が長く続き、自分たちの時間に持っていく事がなかなか出来ませんでした。次のゲームまで期間が空くので、もう一度整理をして積み上げを行っていきたいと思います。

U-15AはかもめパークにてJFA U-15リーグGroupG第4節を戦いました。前半立ち上がりから主導権を握り幸先よくゴールも奪う事が出来ました。しかし、中盤あたりから良いサイクルが崩れ相手のペースに…後半はビハインドの中、主導権を握り直し最後まで攻め立てましたが、決定的なシュートがゴールポストに嫌われ、得点を奪う事ができず3対4と逆転負けを喫しました。

決めるべき部分で決め切る事が出来なかった事、ゲーム観の部分で改善すべき点が出てきました。それに併せて戦術的な部分でも修正点が出てきたので、トレーニングでまた積み上げをしてクラブユースに臨みたいと思います!

 

保護者の皆様、沢山の応援ありがとうございました。今後ともよろしくお願い致します!

 

<試合結果>

JFA U-15リーグGroupM第5節

vs OSA FC 0−3

 

JFA U-15リーグGroupG第4節

vs グラシア相模原 3−4

【得点者】小島 茉那斗×2、山中 颯人

2018年4月4

 

『U-15B合宿最終日

4/2(月)よりU-15Bは時之栖SCにてルーキーカップU-14大会に参加しております。本日は大会最終日です。

 

大会最終日は全体で4ゲームを戦い抜きました。リーヴレ①が3位決定戦でコンフィアール町田を4対1で破り、3位でフィニッシュ!内容も日に日に良くなり、意図的な形からの得点も生まれてきたことはよかった事だと思います。リーヴレ②は結果としては付いてきませんでしたが、初日の内容と最終日の内容とでは大きな変化がありました。

疲労もある中でのゲームとなりましたが、多くのゲームを戦う中で、ゲームの進め方の「判断の基準」が統一されてきたように感じます。その為、いいサイクルで主導権を握り続ける事ができました。合宿で積み上げた事をベースにこれからのトレーニングでさらなる積み上げをしていきましょう! 

明日から学校が始まり新学年に上がります。学校では様々な変化が起こると思いますが、その中でも、ブレずにトレーニングを大切にして過ごして欲しいと思います。

 

3日間を通して多くの保護者の皆さまにご声援を頂きました。応援ありがとうございました!今後ともよろしくお願い致します。

 

<試合結果>

リーヴレ① vs 尾張FC 3−0

【得点者】成田 飛々輝×2、水上 裕太

 

リーヴレ② vs 常葉橘 0−1

 

リーヴレ② vs 杉並①   0−2

 

リーヴレ① vs コンフィアール町田 4ー1

【得点者】水上 裕太、迫田 大空、成田 飛々輝、加藤 拓海

3日間ハードなスケジュールでした。お疲れ様でした!
3日間ハードなスケジュールでした。お疲れ様でした!

2018年4月3

 

『U-15B合宿2日目

4月2日よりU-15BはルーキーカップU-14大会に参加しています。

 

今日は2チーム合計6ゲームを戦いました。疲労が溜まっていく中でのゲームとなりましたが、尻上がりに理解が深まり内容としては充実した2日目となりました。

サッカーの原理原則やゲームの進め方が整理され、スムーズなゲームを展開する事が出来る様になってきました。その中での細かい部分(身体の向きやどのギャップを握るか、ボールの質など)はまだまだ改善の余地がありますが、初日と比較して選手たちも狙いが定まってきた事を実感してプレーしているように思います。

夜のミーティングではAチームのゲームの映像を見本に、今まで積み上げてきた事の再確認を行いました。明日も今日の延長上で積み上げをしていきましょう!

最後はパートナーストレッチを行いました。ストレッチをした右足と何もしていない左足の差を比べてみました。ストレッチの効果を身を以て体感する事ができたと思います。

 

2日目も怪我、体調不良などなく無事に終える事が出来ました。明日は最終日ですが、やることはいつも通りです。最後のゲームまで直向きに取り組み続けて欲しいと思います!

 

本日も沢山の保護者の皆さまにご声援を頂きました。また、差し入れもたくさん頂きました。早めの夕食だった為、栄養補給に使わせて頂きました!ありがとうございました!

 

<試合結果>

リーヴレ① vs SCUDETTO 2−1

【得点者】水上 裕太、迫田 大空

 

リーヴレ② vs 三鷹① 0−7

 

リーヴレ① vs HAN① 0−2

 

リーヴレ② vs モランゴ 0−10

 

リーヴレ① vs テアトロ② 3−2

【得点者】成田 飛々輝×2、迫田 大空

 

リーヴレ② vs 杉並② 1−0

【得点者】中村 暸兵

 

<明日の試合予定>

8:30 リーヴレ① vs 尾張FC     @うさぎ島2

9:40 リーヴレ② vs 常葉橘中 @うさぎ島5

10:50 リーヴレ② vs 杉並①    @うさぎ島5

リーヴレ①の2ゲーム目は試合の結果次第で決定いたします。会場にてご確認をよろしくお願いいたします。

 

※予定は予告なく変更される場合がございます。予めご了承ください。

 

怪我・体調不良等もなく2日目を終える事ができました!明日も頑張ろう!!
怪我・体調不良等もなく2日目を終える事ができました!明日も頑張ろう!!

2018年4月2

 

『U-15B合宿1日目

本日よりU-15Bは時之栖SCにてルーキカップU-14大会に参加しています。

 

初日から4ゲームと過密なスケジュールの中、県内外の素晴らしいチームと交流でき、いい経験をさせて頂いております。

 

最初のゲームは攻撃の距離感が悪く、守備になった時に簡単にシュートまで持っていかれる場面が多くありました。その為守備の距離感も悪くなり、攻撃に転じようとしても繋がりが持てない「負のサイクル」に陥る事が多く起こりました。

しかし、ゲームを追う毎に立ち位置と距離感が良くなり、いい守備からいい攻撃、いい攻撃からいい守備が出来る「良いサイクル」でゲームを支配出来る様になりました。 最後の杉並とのゲームは、常に主導権を握りながら幾度となくチャンスを作る事が出来ました。その中で、ゴール前の部分でよりパワーを使ってゴールに迫っていけると厳しいゲームを勝ち抜いていけると思います。また、流れで点が取れないときはセットプレーから得点を奪う事も必要です。

夜のミーティングでは、セットプレーの確認と距離感・ポジショニングの取り方と役割などサッカーの原理原則を再確認し、頭の準備をしました。その後はクールダウンで、温冷浴・アイスマッサージ・ストレッチを行い身体の準備をしました。

明日は全体で6ゲームとハードなスケジュールとなりますが、最前の準備をし、チーム全員で戦っていきたいと思います!

 

初日は怪我・体調不良等もなく無事に終える事が出来ました。遠方まで応援に駆けつけて頂いた保護者の皆さま、いつも応援ありがとうございます。また差し入れもいただきました、ありがとうございました!明日以降もよろしくお願い致します!

 

<試合結果>

リーヴレ② vs ヴェルディ 3-6

【得点者】阿部 俊太郎、榊原 圭吾×2

 

リーヴレ① vs コルージャ②  2-0

【得点者】加藤 拓海、三浦 陽太

 

リーヴレ② vs コルージャ①  0−3

 

リーヴレ① vs 杉並① 0−0

 

<明日の試合予定>

9:00kickoff    リーヴレ① vs SCUDETTO

10:10kickoff   リーヴレ② vs 三鷹①

2試合目以降は試合結果によって決定致しますので、ご了承下さい。

 

※予定は予告なく変更になる場合がございます。予めご了承ください。

本日のリーヴレサポーターさん(他にも沢山の方にご声援をいただきました!)ありがとうございました!
本日のリーヴレサポーターさん(他にも沢山の方にご声援をいただきました!)ありがとうございました!
全員で夕食! 美味しくいただきました!
全員で夕食! 美味しくいただきました!
裕貴、少なくないっすか?笑
裕貴、少なくないっすか?笑
はぁ〜お腹いっぱい
はぁ〜お腹いっぱい
合宿初日終了! 明日も一日頑張ろう!
合宿初日終了! 明日も一日頑張ろう!

2018年4月1

 

『U-15リーグ

U-15Bは柳島スポーツ総合公園にてリーグ戦第4節でした。

 

南風がとても強い中でのゲームとなりました。前半は追い風を味方につけ、攻め込む時間帯を多く作ることができました。攻撃ではうまくボールを回し握ることができ、守備ではボールの出所にプレッシャーをかける事ができました。前半10分、拓海のミドルシュートで先制!その良い流れのまま陽太の追加点、前線からのプレスからボールを奪い飛々輝が3点目を奪い3点リードで折り返しました。

しかし、後半は向かい風となり苦しい展開が続きました。序盤はうまくボールを動かしたり、前線でボールを奪い何度かチャンスを作ることができたものの、決めきることができません。中盤からは、自分たちが少し受け身になってしまい守る時間が続き、1点を返されてしまいました。ここで踏ん張れればよかったものの耐えきれず追加点を取られ試合終了間際に同点ゴールを決められてしまい引き分けという結果となりました。

今までは追いかける立場が多かったものの今日は追いかけられる立場になりました。ゲームの終わらせ方の部分で次へつながる経験となりましたので活かしていきたいです。

 

明日からU-15Bは合宿に入ります。個人としてもチームとしてもさらなる成長できる3日間にしてきましょう!

本日も沢山の応援ありがとうございました!今後ともよろしくお願い致します!

 

<試合結果>

JFA U-15リーグGroupM 第4節

vs 大道中学校 3−3

【得点者】加藤 拓海、三浦 陽太、成田 飛々輝

2018年3月30

 

『U-15A合宿最終日

3月27日よりU-15AはJ-wings千年の森にてルーキカップU-15大会に参加しています。

 

本日は合宿最終日、身体的な疲労もある中でも最後のゲームまで積み上げが出来、良い形で合宿を終えることが出来ました。また4日間を通して、共通理解が深まっている部分とまだ足りない部分が見えてきたことも大きな収穫となりました。

サッカーは常に変化に対して対応していかなければなりません。その変化に気づく為には「どうやるか」より「なぜやるか」を追求していく事が必要です。

4月からは3年生になり、リーグ戦・クラブユースと公式戦が続いていきます。チーム全員でより高みを目指して、まずは目の前のトレーニングから積み上げをしていきたいと思います!

 

大会期間中を通して会場まで応援に駆けつけて頂いた皆様、ご家庭からご声援を送って頂いた皆様、応援・サポートありがとうございました!これからもよろしくお願い致します!

 

<試合結果>

vs 両国FC 1-0

【得点者】浅倉 海音

 

vs アウル 4-1

【得点者】福家 聡太、加藤 偉月、小島 茉那斗、濱崎 丞

4日間お疲れ様!リフレッシュしてまた日曜日にいい顔でトレーニングにきて欲しいと思います!
4日間お疲れ様!リフレッシュしてまた日曜日にいい顔でトレーニングにきて欲しいと思います!

2018年3月29

 

『U-15A合宿3日目

3月27日よりU-15AはJ-wings千年の森にてルーキカップU-15大会に参加しています。

 

3日目もさらに積み上げができた1日となりました。

朝のミーティングでは、昨日のゲームで課題となった部分をクラシコの映像を交えて共通理解を深めていきました。

選手たちが書いているノートを見てみると、そこには相手や味方の状況などを無視したものや、具体性に欠けるものなどが多くありました。

ミーティングではあくまでもプレーの連続の中で起こる1つの事象について確認作業をしていますが、それが全てのような認識になっているような気がします。だからこそ今日のゲームの中の1つのプレーを振り返る事も大切な事だと思いますが、判断の基準を伝えているトレーニングとゲームを結びつけていく事が必要だと思います。

1・2日目同様意図的に相手を崩して得点出来るようになってきた事は好材料です。3ゲーム目では一瞬の隙を突かれ失点した事・何度も創り出した得点チャンスを決めきれなかった事が残念な結果に繋がってしまいました。

明日は最終日。4日間の積み上げをピッチの上で表現してくれる事に期待したいと思います!

 

3日目は茉那斗の手の負傷が心配ですが、体調不良もなく終えることが出来ました。

保護者の皆様、本日も沢山の応援、そして差し入れもありがとうございました!

 

<試合結果>

vs 両国FC 2-0

【得点者】山中 颯人、越水 琉生

 

vs アウル 2ー0

【得点者】福家 聡太×2

 

vs 常葉橘  0-1

 

<明日の試合予定>

8:30kickoff  vs  両国FC(25分1本)  @Aコート

10:10kickoff  vs  アウル(30分2本) @Bコート

 

※予定は予告なく変更される場合があります。予めご了承ください。

茉那斗も元気です!明日も一日頑張ろう!!
茉那斗も元気です!明日も一日頑張ろう!!

2018年3月28

 

『U-15A合宿2日目

3月27日よりU-15はJ-wings千年の森にてルーキカップU-15大会に参加しています。

 

2日目の今日は今までトレーニングで積み上げてきた事に挑戦する中で、また新たな課題が出て解決していく有意義な時間を過ごすことが出来ました。

 

三鷹とのゲームは負のサイクルに陥ることが多くありました。良くない距離感で攻撃すると、ボールロストした時にいい守備が出来ません。逆も然りです。ポジションによってプレーの判断基準は変わります。サイドと中央ではスペースの大きさ・プレッシャーがかかる方向などが変わってきます。技術のミスやフィジカル面は問題ではありません。判断の部分では臨機応変に対応していく事が必要です。

モンテディオとのゲームは負のサイクルをゲームの中で良いサイクルに持っていく事に成功。序盤に茉那斗が奪った1点を守りきり勝利する事ができました。守備のラインコントロールが課題としてあがりました。またひとつ積み上げをしていき、共通理解を作っていきたいと思います!

 

本日も怪我・体調不良等なく無事に終える事ができました。

また遠方にも関わらず多くの保護者・ご家族の皆様が会場まで応援に駆けつててくれました。

沢山の差し入れも頂きました!みんなで美味しく頂きます!ありがとうございました。

 

※保護者の方より写真をいただきました。下記のフォトギャラリーでご覧ください。ありがとうございました!

 

 

<試合結果>

vs 三鷹A 0-2

 

vs モンテディオ山形庄内  1-0

【得点者】小島 茉那斗

  

<明日の試合予定>

11:20kickoff  vs 両国FC    @Aコート

16:00kickoff  vs 常葉橘   @Aコート

 

※予定は予告なく変更される場合があります。予めご了承ください。

気持ちのいい朝です!
気持ちのいい朝です!
集合写真(朝一で眠そうな選手もちらほら…)
集合写真(朝一で眠そうな選手もちらほら…)
本日のリーヴレサポーターさん(他にも沢山の方にご声援をいただきました!)ありがとうございました!
本日のリーヴレサポーターさん(他にも沢山の方にご声援をいただきました!)ありがとうございました!
宿舎でクールダウン 明日も1日頑張りましょう!!
宿舎でクールダウン 明日も1日頑張りましょう!!

2018年3月27

 

『U-15A合宿1日目

本日よりU-15AはJ-wings千年の森にてルーキカップU-15大会に参加しています。

 

昨年参加した時は雪が降る中での大会でしたが、今年は暖かく天候にも恵まれより良い環境で素晴らしいチームの皆様と交流させて頂いています。

そんな環境の中で選手たちには日頃のトレーニングで積み上げをしてきた部分をピッチの中で発揮して欲しいと思います!

 

ヴェルディAJUNTとのゲームは前半6分にビルドアップのミスからボールを失い、その流れからミドルシュートで失点するも、後半に信之輔、茉那斗、陽人の得点で逆転勝利!

尾張クラブとのトレーニングマッチは前半にコミュニケーションのミスから失点。後半にもセットプレーの流れから失点を許し2点差に突き放されます。終了間際に聡太がDFラインの背後に抜け出しゴールを奪いますが、追いつく事は出来ませんでした。

得点シーンが意図的なものになってきた事は、普段のトレーニングの積み上げが出来ている証拠だと思います。しかし、攻撃時の距離感や守備の役割など課題も出てきました。明日もチームとしての共通理解を深め、さらなる積み上げをしていきたいと思います。

 

初日は怪我・体調不良などもなく無事に終えることが出来ました!

  

<試合結果>

vs ヴェルディAJUNT 3-1

【得点者】名執 信之輔、小島 茉那斗、大木 陽人

 

vs 尾張クラブ(TM)  1-2

【得点者】福家 聡太

 

<明日の試合予定>

11:20kickoff  vs 三鷹A            @Bコート

14:40kickoff  vs モンテディオ  @Bコート

 

※予定は予告なく変更される場合があります。予めご了承ください。

代表戦観戦!
代表戦観戦!
もうすでに寝ている選手もいました zzz 明日も元気に頑張ろう!!
もうすでに寝ている選手もいました zzz 明日も元気に頑張ろう!!

<<広報ブログBackNumber16                   BackNumber一覧           広報ブログBackNumber14>>